液中のヒ素を除去可能なヒ素除去フィルター

  • ヒ素除去フィルターは、液中の0.05ppmまでの三価のヒ素と五価のヒ素を除去できます。除去率は最大で99%となっています。フィルターを通すだけの簡単な処理で、ヒ素除去が可能です。
    ろ材の交換は、フィルターカートリッジを取り替えるだけでできるので、メンテナンスの手間もかかりません。
    • 地下水などの液中のヒ素の除去
  • ヒ素除去フィルター

ヒ素フィルターの仕様一覧

※ヒ素除去フィルター※

型番 FAD-10-S FAD-10-B 仕様
処理量(L/分) 1.8 1.8

:ヒ素除去能力:
ヒ素除去フィルター「FAD型」のヒ素除去能力は、下記の目安を参考にしてください。

FAD-10-S約3,700L(ヒ素濃度:0.05ppm、処理量:1.8L/分)
FAD-10-B約11,000L(ヒ素濃度:0.1ppm、処理量:1.8L/分)

:原水水質条件:
pH:6.5〜8.5
ヒ素:<0.05ppm(FAD-10-S)/ <0.1ppm(FAD-10-B)
リン酸塩:<0.5ppm  鉄:<0.5ppm
シリカ:<30ppm  硫化物:<0.1ppm
マンガン:<0.05ppm  硫酸塩:<100ppm
フッ化物:<1ppm

ヒ素除去能力
(L)
右記参照 右記参照
使用温度(℃) 5〜38
初期圧力損失(MPa) <0.56 <0.56
全長(mm) 250 250
内径(mm) 28
外径(mm) 78 118
エンドキャップ
形状
DOE(ダブルオープンエンド)

<注意>

  • 処理量は、1分間あたりの最大通水量です。
  • ヒ素除去能力は、参考値です。実際の除去量は、原水の水質や水温、通水量、ヒ素濃度により異なります。実際の除去量は、原水を通水してのテストを行ってください。
  • 使用温度は、水で使用した場合の温度となります。使用する液体の種類や圧力、時間により異なりますので、ご注意ください。
  • 本製品のケーシングは樹脂製となります。水以外の液体に使用する場合は、ご使用される液体に対する耐食性をご確認のうえ、ご使用ください。
  • 長期間使用される際、樹脂の経年劣化によりフィルターの強度が低下する場合があります。
    (劣化の度合いは、液体の種類や液質、温度、圧力により異なります)
  • 改良のため、予告無しに使用上差し支えない範囲で使用・外観・寸法等を変更する場合があります。
  • 詳細は、当社までお問い合わせください。

▲UP

  • 製品に関してご不明な点などは、お気軽にお問い合わせください。

    :お問い合せフォーム:

  • お問合わせフォーム
  • :FAXによるお問い合せ:

HOMEサイトマップ
矢印