プラスの電荷をもった吸着ファイバー ゼータマックス

新開発した電荷吸着ファイバーのゼータマックスは、繊維自体にプラスの電荷を持たせた新しい吸着繊維です。このプラスの電荷は強力で、UF膜やMF膜では除去が困難であった、粘性物質の除去が可能です。また、水中に分散しているナノオーダーの超微細な微粒子を除去できます。例えば「顔料」「油分」「細菌」「ウイルス」「コロイダルシリカ」「コロイダル粒子」などの極微粒子を吸着除去できます。
使い方は、活性炭などの一般的な吸着濾材と同じく、“必要な量のゼータマックスを詰めてワンパス処理をするだけ”となります。設置や運転管理、濾材の交換も、凝集材を使った除去方法に比べると簡単におこなえ、設置箇所に困ることもありません。

ゼータマックスの特長

※電荷吸着ファイバー ゼータマックスの特長※

  • プラスの電荷の力で、水中でマイナスに帯電している物質を強力に吸着します。
  • 吸着繊維を吸着塔に入れて通すだけのシンプルな設計です。
  • ワンパス処理で、運転管理が簡単です。
  • 電力を使用せず、ナノオーダーのコロイダル粒子を除去します。
  • 液中に分散する、「顔料」「油分」「細菌」「ウイルス」「コロイダル粒子」を除去します。
  • 原料は生分解性になり、環境に優しい吸着材です。
  • 他の処理方法と比較すると、経済的に処理ができます。
  • 電荷吸着ファイバー ゼータマックス
    小流量の場合はカートリッジシェルに詰めてフィルターで、流量が大きくなるとタンクに詰めて吸着塔で使用します。

※電荷吸着ファイバー ゼータマックスの仕組み※

  • 電荷吸着ファイバー「ゼータマックス」の表層部電位は、液中ではプラスに帯電しています。液中に分散している「顔料」「油分」「細菌」「ウイルス」「ガラス」「コロイダルシリカ」「コロイダル粒子」「色成分」などは液中では表層部電位がマイナスに帯電します。(電荷はpHにより変化します)
    上記の分散しているナノオーダーの微粒子がゼータマックスに近づくと、プラスとマイナスの電位差により微粒子はゼータマックスに吸着されます。ゼータマックスは、UF膜やMF膜のような物理的な濾過ではなく、活性炭やゼオライトなどのような吸着機構により、液中よりナノオーダーの微粒子を除去します。
    ゼータマックスでは、通常の膜を使用した膜処理では除去しにくい粘性物質や、活性炭・ゼオライトなどでは吸着しにくい、数ナノ(nm)から数百ナノ(nm)の物質を除去します。
  • 電荷吸着ファイバー ゼータマックスの仕組み
  • 濾過前(原水)層には、顔料や油分、細菌やコロイダル粒子などのナノオーダーの微粒子が含まれています。
  • 電荷吸着ファイバー層(ゼーターマックス)で、吸着処理をおこない、液中から上記不純物を吸着除去します。
  • ゼータマックスでナノオーダーの不純物が除去され、濾過水が得られます。

※電荷吸着ファイバー ゼータマックス仕様※

品名 ゼータマックス
通水速度 LV=0.1〜0.5
平均径 30μm〜50μm
使用材質 セルロース、キチン、キトサン

<注意>

  • 処理流量は、濾過面積により異なります。詳細はお問い合わせください。
  • 処理寿命は、処理量や吸着材量により異なります。詳細はお問い合わせください。
  • 本製品部材は生分解性の部材となります。水以外の液体に使用する場合は、ご使用される液体に対する適性をご確認のうえ、ご使用ください。
  • 改良のため、予告無しに使用上差し支えない範囲で使用・外観・寸法等を変更する場合があります。
  • 詳細は、当社までお問い合わせください。

▲UP

  • 製品に関してご不明な点などは、お気軽にお問い合わせください。

    :お問い合せフォーム:

  • お問合わせフォーム
  • :FAXによるお問い合せ:

HOMEサイトマップ
矢印